My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サナアの動物園2

動物園の入場料は1人50リアル(約25円)です。
平均以下の所得の世帯でも、家族全員分を払うことが出来る価格設定になっています。

園内は一部英語の道案内、説明文があるため
外国人にも配慮されていますが、入園者のほとんどはイエメン人でした。
そのため我々外国人が動物のように観られることもしばしばありました。

もちろん、ライオン以外にも動物は居ます。
CIMG8069.jpg
CIMG8074.jpg
CIMG8075.jpg
CIMG8089.jpg
CIMG8087.jpg
CIMG8096.jpg
P1030404.jpg
P1030412.jpg

中でも印象的だったのは猿です。
他の動物も基本的には餌をやり放題だったのですが、
(本当はダメなのかもしれませんが、特に注意されることも無かったので)
猿の檻は餌を与えることが出来る専用の皿があります。
CIMG8079.jpg
CIMG8084.jpg

これを使うことで猿に餌をやることができるのですが、そのほとんどの餌をボス猿が
独占してしまうのです。子猿の手元に餌が来ても食べることは決してせずに、
ボス猿が後からやってきてそれ横取りして食べるのです。
そのため、柵をよじ登って小猿に餌を与えている人がいました。
CIMG8080.jpg

全体的な感想としては、飼育環境がかなり悪いと感じました。 ある動物は狭い檻に
入れられているせいか、 病気になっているようでグルグル狭い檻を回っていました。
また、ある鳥類は餌としてトマトを丸ごと与えられていました。入園者が自由に餌を
与えられる環境も考えると、残念ながら栄養面を考えているようには思えませんでした。

| イエメン文化 | 00:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

リーさん

世界遺産も興味深いですが、日常のイエメンも興味深いものです。
1年8ヶ月滞在していますが、未だに異文化に遭遇します。
是非、またイエメンに来て頂いて、異文化ネタを探して下さい!

| KENic | 2009/02/18 04:53 | URL | ≫ EDIT

幼児教育隊員Yさんもタイズの動物園のこと書いてて、あわせて読んで笑いました。

私も幼少期、猿山で小猿に餌をあげたい一心で写真のおっさんと同じことしていました。

| リー | 2009/02/16 23:04 | URL | ≫ EDIT

T_Boneさん

サナアは標高約2300mに位置しているため、
年間を通じて日中の最高気温は大して変わりません。
(夜間の最低気温はかなり変化しますが)
そのため、動物達に対するケアーは特に変わらないと思います。
(個人的な見解です。すみません・・・。)

※夏の沿岸部都市は(アデン・ホデイダ)灼熱だそうです。

| KENic | 2009/02/16 19:34 | URL | ≫ EDIT

夏場は・・・

どうやり過ごすんですかねぇ?
ジェッダにも動物園的なものがあるみたいですが、男性の日、女性の日で分かれてると聞くので、まだ1回も行った事が無いです。
まぁ、アニマルスークがあるんで、中東的な生き物ならそこで見れるんですけどね…v-14

| T_Bone | 2009/02/16 04:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/95-04d3011d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。