My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イエメンの首都、サナアの乗り物1

サナアを走るタクシーは大きく分けて2種類あります。
一方は『メーター有りのタクシー』
他方は『メーター無しのタクシー』です。

今回のBlogは前者について。
ここ数年、サナアに少しずつ普及してきています。
現在は、ラーハ社・マルハバ社・カルワ社の3社が存在します。
CIMG6834.jpgCIMG6847.jpgCIMG7010.jpg
【写真左】・・・黄色が目印のラーハ社
【写真中】・・・下部は黄色、上部は赤が目印のマルハバ社
【写真右】・・・下部は黄色、上部は黄緑が目印のカルワ社

イエメンにおける、メータータクシーのパイオニアはラーハ社で、
それまでのなかった顧客主義の考えを吹き込みました。
車は全て新車、キレイな内装、運転手の制服着用、明瞭会計・・・。
全ての車両には3桁(もしくは4桁)のタクシー番号が付され、
クレームがあればその会社へ通告、会社からの指導が入るため、
素行不良なドライバーはほとんど居ません。
そのため、アラビア語があまり話せない外国人はもちろん、
一人だけで乗らなければいけないイエメン人女性からも好まれています。

全く同様なシステムでメータータクシー業界に参入した2番手はマルハバ社です。
参入当初はラーハ社が市場を完全に独占していたのですが、
今では信頼・台数共にラーハ社と同等レベルになっています。

そしてここ最近、3番手として新たに参入したのがカルワ社です。
ラーハ社・マルハバ社とシステムは全く一緒で違いはありません。
まだ保有台数が少ないため街で見かける機会は少ないですが、
メータータクシーは需要が高いため、今後増加する可能性があります。

なお、3社とも同様のメーター機器を搭載しています。
課金システムも全く同じです。
料金は最初の1kmまでは100mごとに10リアル(約5円)の課金。
1km以降は走行距離と課金の関係が徐々に緩やかになります
ちなみに、空港⇔市内はどの会社も一律2000リアル(約1000円)になります。
CIMG7009.jpg
【写真】・・・上部の数字は料金。下部の数字は走行距離。

| イエメン文化 | 03:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

下記コメントを頂いた方

お役に立てて嬉しいです。
お知り合いの方や、他のBlog等、イエメンに興味がある方が
いらしたら是非、当Blogを宣伝して下さい。

| KENic | 2009/03/18 21:11 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/03/18 13:45 | | ≫ EDIT

新車タクシーはやはり乗り心地が違います。
同じ景色も、新車タクシーならまた違って見えるかもしれませんね。
ちなみに、古いタクシーは本当に古いです・・・。
友人の乗ったタクシーは床に穴が開いていて地面が見えたと言ってました(笑)

| KENic | 2008/11/27 17:23 | URL | ≫ EDIT

綺麗なタクシーですね♪
私も乗って町並みを眺めたいです。

| naogon | 2008/11/24 21:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/86-1db2ac6b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。