My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KOICA(コイカ)PCから思うこと1

諸々の都合があり、約2ヵ月前にボランティア活動先が変更になりました。
それまでNGOで活動していたのですが、現在は計画・国際協力省の
IT部門にて活動しています。

前配属先では、日本での経験(Oracle)を生かした技術的活動ができたのですが、
現配属先では、Oracleを使用していないため技術的活動ができていません。
日本でたかだか3年しかエンジニアとして従事していなかったので、
自分の売りはOracleしかなかったのです・・・。

出来ることを探した結果、PCメンテナンスとITトレーニングなら今すぐにできる
ということで、現在の仕事は壊れたPCのメンテナンス(ハード・ソフト)
および、非エンジニア向けのITトレーニング
(ウィルス対策の啓発・PCトラブルシューティング・省内システムの啓発)
を中心として活動しています。

とりあえずは上記の活動を行い、最終的には技術的活動が出来るネタを
見つけなければいけないと思っています。

-----------------

IT部門には壊れたPCが他部署から担ぎ込まれてくるのですが、
KOICA(※)から援助されたPCが多いです。
そのトラブル原因の全ては電源供給装置の故障。
イエメンは省庁と言えど計画停電が多く、
特に停電復旧時には一時的に高電圧が供給されることが頻発しています。

PCや高価な電化製品を使用する際はUPS(無停電電源装置)
を使用するように促しているのですが、使用していない人が多いのです。
そのため、特に電源供給装置の故障が頻発しているのが現状です。

-----------------

援助の一つとして、
PCなどの専門的メンテナンスが必要となる製品を援助物品に
することは本当の意味での援助に成り兼ねないと強く感じました。

もちろん、PCが正常に長期間稼動するのであれば援助として有益ですが
故障してしまった際、それをメンテナンスすることができなければ
なんら意味の無い援助になってしまうのです。
いや、むしろPCありきの業務体系を構築してしまった場合、
それはマイナスの援助になりかねないと思っています。

確かに、イエメンの首都サナアでは援助PCが故障しても
それをメンテンスすることができるイエメン人は居ますし、
故障部品の代替品も入手することは可能です。
ですが、被援助機関がメンテンス費用を容易に捻出
することができるでしょうか・・・。

援助PCの行く末は、収納すら出来ない埃まみれの重い箱になってしまうのです。

-----------------

※KOICA・・・韓国国際協力団(Korea International Cooperation Agency)
        簡単に言うと、
        JICA(Japan International Cooperation Agency)の韓国版。
※PC供与の援助はもちろんKOICAのみならず、JICAも種々の国で行ってきています。

CIMG6464.jpgCIMG6467.jpg
【写真右】・・・7台の壊れてしまったKOICAのPC。
【写真左】・・・KOICAのPCの拡大写真。下部に「HYUNDAI Multi」の文字。

| 協力隊活動 | 00:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

To.あゆむさん

http://www.koica.go.kr/english/main.html
の最下部に連絡先を見つけました。確認してみて下さい。

| KENic | 2010/08/21 17:05 | URL | ≫ EDIT

コイカについて

コイカについてとても興味を持ちました

宜しければコイカの 連絡先(電話番号)
を教えて頂けないでしょうか

| あゆむ | 2010/08/21 16:43 | URL | ≫ EDIT

To.まゆっぱさん

仕事の進め方であったり、物の考え方であったり、
そういった部分を示すのも隊員活動ひとつなのかなと
思うようになってきました。
(技術サポートできない、弱小ボランティアの
都合の良い言い訳かもしれませんが・・・)



To.anさん

>ベリーズにたどり着いたときにはすでに壊れているものも多いです。
それはヒドイ。実際、anさんが着任したときはPCメンテからのスタート
でしたよね・・・。援助(サポート要員)ありきの現場から脱却しようという
非援助機関の姿勢が小さいのも悲しいです。

| KENic | 2008/09/22 20:29 | URL | ≫ EDIT

お久し振りです。私もまさに同感です。こちらはアメリカで使われていた中古品が寄付と言う形で流れてきます。そして、ベリーズにたどり着いたときにはすでに壊れているものも多いです。ここは、ゴミ捨て場じゃない!!と言いたくなります。それをセットアップしメンテナンスする人がいなかったら、本当にゴミと化しています。

| an | 2008/09/22 13:40 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/09/21 18:33 | | ≫ EDIT

私も2月に任地変更して、やってることはPCの周辺機器に関することやグラフィックソフトの使用方など、なんだか美術隊員ではないようなことばかりです。
結構楽しいのでいいんだけど…。

| まゆっぱ | 2008/09/21 02:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/78-cd44ed3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。