My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

只今、ラマダン中

イエメンでは9月1日からラマダン(断食)が始まりました。
詳細は以前のBlogを参照してください。
http://kenic.blog82.fc2.com/blog-entry-33.html

ラマダンになると種々の事が変わります。

■ 勤務時間が変わる
役所    10時~14時半
民間企業 10時頃~15時頃
       20時頃~23時頃
(会社によって若干の違いあり)

■ 生活時間が変わる
10時頃(人によっては昼頃)起床。
日没のお祈り(18時すぎ)までは断食。
日没のお祈りから夜明けのお祈り(4時すぎ)までは断食解禁
のため貪るように飲み食いをします。
特に、夜明けのお祈り(4時すぎ)直前は最後の追い込み。
そして夜明けのお祈り(4時すぎ)後、就寝。

■ 仕事が変わる
断食をしていることもあり、生産性は非常に低いです。
特に断食月第一週は顕著に現れます。

■ 消費が変わる
通常月と比較すると消費が多くなります。
理由は、ラマダン月は食の消費が多くなることと、
ラマダン明けのから服や日用品など新品を使い始めるからです。
そのため、旧市街地では露天商が多くなります。

■ 気分が変わる
飲食、タバコ、カート が制限されて確かに辛いラマダンですが、
ラマダンを楽しんでいる人がほとんど。
街も夜中の3時ごろまでにぎやか。
辛い断食をみんなで乗り切ろうという気持ちが伝わってきます。

■ 宗教心が変わる(より醸成される)
日中のモスクはコーランを真剣に読んでいる人が多く、
街中でもコーランを開いている人が多いです。
家の近所の子供はノートと教科書を広げて
イスラムについて勉強していました。

■ 人が変わる
特に断食解禁(日没のお祈り)間際は
イライラしている人多いです。
ケンカをしている人を見かけます。
また、車の運転も荒くなります。
その時間帯は外に出ないことをオススメします。
CIMG6418.jpgCIMG6427.jpgCIMG6426.jpg
【写真1】・・・露天の商品を品定めするお客
【写真2】・・・日没の祈り間際に道端で軽食を調理する少年
【写真3】・・・コーラン用台座

| イエメン文化 | 02:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

To.コーシ

コメントありがとう!!!
イエメンは国民のほとんどがムスリムのため完全アウェー状態です。。
人によっては、イスラム国では異教徒の人権は制限されて当然
と捉えている人がいるので、悲しい扱いを受けることがまれにあります。
同じイスラム国でも、マレーシアのように宗教が混在してる環境はとても興味深いです・・・。

ラマダンも後半戦、『職場での断食』お互い頑張りましょう!!!

| KENic | 2008/09/14 05:48 | URL | ≫ EDIT

マレーシアも9月1日からラマダンだよ。
だけどマレーシアにはムスリム、ヒンドゥー、仏教など宗教が混合されているからか、店の営業時間とかもそのままのところもあるよ。ムスリム系は早く切り上げて帰ったり、昼過ぎから開いたりするけどね。
なんか国教がイスラムでもお国柄がでるね。

| コーシ | 2008/09/13 13:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/77-a69ad2c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。