My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イスラムにおける死後の世界について

先日、配属先の職員が交通事故で亡くなってしまいました。
それからというものの、配属先では死後の世界について
議論することが多くその度に非イスラム教徒の自分は
隅に追いやられることが多かったです。

今回のBlogは死後の世界について教えてもらったことや
調べたことをまとめようと思います。

■ 最後の審判

人間は死後、アッラーによって天国に行くか
地獄に行くかが決まります。これを最後の審判と言います。
最後の審判は墓の中で待ちます。
しかし、最後の審判はいつあるのかは人間にはわかりません。
アッラーのみが知っているのです。
下記、コーランより。

*******************
007-187.
かれらは(最後の審判の)時に就いて,何時それがやって来るのか
とあなたに問うであろう。言ってやるがいい。
『それを知る方は,只わたしの主だけである。その時(最後の審判)を
知らせて下さるのはかれの外にはない。それ(時)は,
天でも地でも重い(重大事となる)。全く突然あなたがたにやって来る。』
かれらはあなたが,それに就いて熟知しているかのように尋ねるであろう。
言ってやるがいい。
『それを知る方は,唯アッラーだけである。』だが人びとの多くは分からない。
*******************


■ 天国と天国と地獄

最後の審判の時、その死者は『先頭』 『右手(右側)』 『左手(左側)』の
3つのグループのどれかに分類されます。
『先頭』 『右手(右側)』は天国グループで、
『左手(左側)』は地獄グループになります。

下記、コーランより『先頭』について

*******************
56-17. 永遠の(若さを保つ)少年たちがかれらの間を巡り,
56-18. (手に手に)高坏や(輝く)水差し,汲立の飲物盃(を捧げる)。
56-19. かれらは,それで後の障を残さず,泥酔することもない。
56-20. また果実は,かれらの選ぶに任せ,
56-21. 種々の鳥の肉は,かれらの好みのまま。
56-22. 大きい輝くまなざしの,美しい乙女は,
56-23. 丁度秘蔵の真珠のよう。
*******************

下記、コーランより『右手(右側)』について

*******************
56-32. 豊かな果物が
56-33. 絶えることなく,禁じられることもなく(取り放題)。
56-35. 本当にわれは,かれら(の配偶として乙女)を特別に創り,
56-36. かの女らを(永遠に汚れない)処女にした。
*******************

『先頭』は天国でもよりランクが上です。
そのため、少年たちが付き人として、
決して悪酔いしない酒を注いでくれるのです。
そして果実、肉、女性(処女)は好きなだけ求めることができます。

『右手(右側)』はランクが下の天国になりますが、
果物や女性(処女)は豊富にいます(あります)。

ただ、いつも思うのはイスラム教女性信者は
この天国にいる処女のサービスについてどのように
捉えているのだろうかということです。
女性にとって処女の女性なんて全く興味が無いだろうし・・・。
語学力とイスラムについてもう少し知識が付いたら
イエメン人女性に天国について意見を聞いてみたいと思います。

そして下記、コーランより『左手(左側)』について

*******************
56-42. (かれらは)焼け焦がすような風と,煮え立つ湯の中,
56-43. 黒煙の影に,
56-44. 涼しくもなく,爽やかでもない(中にいる)。
56-45. かれらはそれ以前,裕福で(享楽に耽り)。
56-52. 必ずあなたがたはザックームの木(の実)を食べ,
56-53. それで腹は一杯。
56-54. その上煮え立つ湯を飲む,
56-55. 喉が乾いたラクダが飲むように。
56-56. これが審きの日の,かれらの持て成しである。
*******************

下記、コーランより『ザックーム』について

*******************
44-43. 本当にアッ・ザックームの木こそは,
44-44. 罪ある者の糧である。
44-45. それは溶けた銅のように内臓の中で沸騰しよう,
44-46. 熱湯が滾りかえるように。
*******************

地獄に行くと、熱風と熱湯の中
ザックームを喰らい、熱湯をがぶ飲みして
もがき苦しむのです。

ちなみに、コーランでは非イスラム教徒は例外無く
地獄に行くとされています。
そのため、時々、サナアの街で出会うイスラム教徒が
自分を地獄に行かせまいとして真剣にイスラム教徒への
改宗を勧めてきます。


■ 土葬

上記の用に最後の審判の後、肉体と精神が
天国もしくは地獄へ行くためイスラム教は土葬になります。
(肉体が無くなって骨になってしまっては天国へ行けない為)
埋葬する際は体の右側を下にして、顔がメッカを向くようにします。

下の写真はサナア市内の墓地の様子です。
埋葬された人が皆、同じ方向になるため必然的に全ての墓が
同じ方向を向くようになります。
写真の墓地は整然と並んでいますが、
場所によっては大きな石を置くだけの簡素な墓地もあります。
CIMG5456.jpg
CIMG5457.jpg
CIMG5458.jpg

| イスラム(教) | 00:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

frombangkokさん

確かに、同じイスラムでも色々な学派があって、
それぞれ微妙にイスラムの認識・解釈が違うようです。
言葉も、エジプトとイエメンでは方言が全く違いますし・・・。
同じアラブでも『アラブ』として括れないかもしれませんね。

| KENic | 2008/12/17 02:09 | URL | ≫ EDIT

この墓はUAE,アラブ首長国連邦の墓とは違いますね。
UAEでは亡くなった方を土の中に入れ、土を盛り、頭と足のほうに石をのせるだけだそうです。

| frombangkok | 2008/12/16 23:30 | URL | ≫ EDIT

To.まゆっぱさん

>キリスト教でも悪魔や異教徒を「神の左にいるもの」と表現します。
左はそういう『悪』のイメージがあるので、
汚いものを扱うときは全て左手になります。
モノの授受も右手でしないと怒る人がいるほどです。

>偶像崇拝が禁止されていなければ、どんな美術的世界が展開していたのかと思います。
どの宗教でも、宗教が作り出す美術的世界はすばらしいと思います。
宗教そのものが無形の想像の世界であって、
それを創造するのですから・・・無限ですよね。
宗教が、人それぞれ捉え方が微妙に異なるように、
その創造も、人それぞれの捉え方が出てくるものだと思います。
イスラム教は偶像崇拝が禁止されているので、
(美術作品がないため変な先入観がないので)
イスラム教徒の方々に宗教を形で表してもらうと
新たな美術が生まれるかもしれませんね。

>共通点が多すぎておもしろいですねぇ。
共通概念が多いのに、他教徒を排斥する姿勢はとても悲しいです。
時にその排斥の際、人を殺すことも正当化してしまうのですから・・・。
個人的には、他宗教も寛容に受け入れる宗教が好きです。
(そんな宗教は無いと思いますが。)

>死後の世界は、文化を越えて、宗教の中では天国(極楽)は苦しみもなく楽しいところ、
彼らからして見たら、死ぬのが怖いと言う考え方は理解できないでしょうね。
(もちろん、天国に行ける可能性がある死を前提として)
宗教を心から持っている人の強さを羨ましく思うときがあります。

| KENic | 2008/07/08 06:43 | URL | ≫ EDIT

イスラム教・ユダヤ教・キリスト教は同じ神、同じ宗教から派生したと聞きます。
イスラム教の教義をよく知らなかったので、本当に勉強になります。
キリスト教の聖書で言われていることと共通点が多すぎておもしろいですねぇ。
キリスト教でも悪魔や異教徒を「神の左にいるもの」と表現します。

イスラム教は偶像崇拝を禁止していますが、その教義の中で展開するイスラム美術の美しさにはため息が出る思いです。

しかし、もし偶像崇拝が禁止されていなければ、どんな美術的世界が展開していたのかと思います。
私にとってイスラムの文化はたいへん興味深い世界です。

死後の世界は、文化を越えて、宗教の中では天国(極楽)は苦しみもなく楽しいところ、地獄は恐ろしく、苦しいところだという共通の概念が存在するのが、これまたおもしろいですね。

| まゆっぱ | 2008/07/06 08:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/68-3e162780

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。