My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水不足イエメン

イエメンは慢性的水不足です。
首都サナアは気候上地下水が貯まりにくいのです。
(山岳部の年降水量は203~762mm、沿岸部では76~229mm)
一部情報では年間約2メートルずつサナアの地下水が
低下しているとのことです。

そのため雨はまさに『恵みの雨』なのです。
イエメンの地方農村部では未だに頭にバケツを乗せて
水汲みをする女性・子供がたくさんいます。

サナアは日本のように上水道が整備されていないため、
給水車が各家庭に設置している給水タンクに水を供給しています。
ちなみに、街のいたるところで地下水を汲み上げた
給水車用給水屋さんがあります。(飲み水には適しません)
イエメン人に聞いた話では、この地下水は地下400M~500M
から汲み上げているとの事です。

サナアの建物上部にはブリキの給水タンクを良く目にします。
これは旧市街地の伝統的建築物も例外ではありません。
このタンクとパラボラアンテナさえなければ
まさにアラビアンナイトの光景なのですが・・・。

CIMG5338.jpgCIMG2679.jpgCIMG5339.jpg
【写真左】・・・給水タンク。
【写真中】・・・旧市街地。屋上にブリキタンクを置いた建物が多数。
【写真右】・・・給水車へ給水している様子。

水不足ではありますが、巷の商店ではペットボトル水を
簡単に購入することができます。
また、街の浄水屋さんでは地下水を浄水したものを10Lもしくは5Lタンクに
つめて商店へ卸しています。
ちなみにこの浄水屋さんの『タンク』は再利用するのですが、
洗浄することなく詰め替えるため汚いタンクが多いです。
ペットボトル水と比較するとタンク水は安全性で劣ります。

CIMG5267.jpgCIMG5264.jpgCIMG5253.jpg
【写真左】・・・ペットボトル水。全て750ML。商店価格45リヤル。
【写真中】・・・街の浄水屋さん。
【写真右】・・・浄水屋さんのタンク。商店価格10Lで40リヤル。
※10リヤル≒6円
※上記価格、レートは2008年6月現在

今、イエメン政府もこの水問題について真剣に捉えており、
JICAも水問題をサポートしています。
しかしながら、ここ最近の物価上昇のあおりを受けて
徐々に水価格が上がっているのが現状です。

一見するとこの途上国での問題は日本と無縁だと思えますが、
イエメンをサポートすることは、地下資源・農作物・ビジネスなど
多面においてそれが日本へと繋がっていると感じています。
(そのパイは小さいのかもしれませんが)
もちろん、それは他の途上国でも同様です。
種々の国際問題は国内問題に直結していると思っています。

| イエメン文化 | 00:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

To.toshiさん

コメントありがとうございます。
私の職種はコンピュータ技術なので、
ご期待に沿えるような情報提供は出来ないかもしれません。
ただし、今サナアでは水質検査の隊員の方が活動していますので、
赴任後はその方と種々の連携が取れると思います。
訓練所に入れば、在外事務所と連絡を取ることが出来ますので、
日本にいる間に連絡をとって準備されることをお勧め致します。

| KENic | 2008/06/24 19:54 | URL | ≫ EDIT

今度H20春募集で上下水道で応募しました。28歳です。
経験は役10年近くあります。まだ合否が出てませんが受かればイエメンに行くことになると思います。
このブログの情報はとても役に立ちます。
今の自分の技術まだまだの思いますがぜひ挑戦してみたいです。そのときはいろいろ教えて下さい。

| toshi | 2008/06/21 12:34 | URL | ≫ EDIT

To.まじまじ男さん

プロバイダー情報とmixiの足跡から、
おそらくまじまじ男さんですよね・・・。
コメントありがとうございます。

ガイヤの夜明け、私も大好きです。
短い放送時間と放送間隔(週一回)の中に
『今』に関する膨大な情報が詰まっている
番組は他にはないですよね。

環境問題を自分達の問題として捉えて
国民が少しずつ意識していることは
本当にすばらしいことだと思います。
しかしながら、イエメン(おそらく他の途上国も)
は環境問題は二の次の状態です。

徐々に経済や科学技術が発展してきた日本と違い、
イエメンは次から次へと新しい技術が入ってきています。
そしてそれは、ハード面ばかりが供給され
ソフト面が醸成されていない状態です。

イエメンにおける環境問題の現状については
情報収集次第Blogで報告したいと思います。

| KENic | 2008/06/11 03:29 | URL | ≫ EDIT

ほんと日本にいたら、水のありがたさをなかなか感じる
ことは難しいですね。
ただ幸いなことに、最近ちょっと変わってきているなーと
思うのが、日本のメディアが、だんだんエコや環境問題を
取り上げるようになってきました。
今日は、大塚愛とか綾香とかが環境をテーマにして
歌っています。

自分が好きな番組でガイヤの夜明けがあるのですが、
それに
ほんの少量で多量の汚水を浄化できる浄化剤や
殺虫効果を繊維部分に組み込んだ蚊帳が紹介され、
企業が社会貢献そしてビジネスへと展開していく様子が
写しだされてました。
HPはこちらです!
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview080603.html


| No name | 2008/06/08 21:11 | URL | ≫ EDIT

To.まゆっぱさん

自分はいつでも水が買える環境に甘えています。
常備している水は少ないです。
一部の隊員は水の買い置きと洗濯機には常時水を
確保しているのを見て、自分もしなきゃ・・・と思いつつ。。
イエメンは数年前、
石油価格が上昇したときに店頭から水がなくなったとの事。
今週末にでもスーパーに行って大量に水を買ってきます・・・。

| KENic | 2008/06/08 18:12 | URL | ≫ EDIT

ボツワナも平均標高が1000Mで、水の豊かな地域ではありません。
今回の雨期は雨が多く、断水はなかったですが、
みんな家には雨水タンクやポリタンク常時設備しているね。
任地変更前は、頑張って水の保管してたけど、
今のところに移ってきてから、やってねぇ。やべぇ。
今の任地の方が、水ないんだけど。

| まゆっぱ | 2008/06/08 03:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/64-04abcd4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。