My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イエメンでの日本人誘拐事件について

首都サナアから東方に位置する、
マーリブにて日本人女性観光客2名が誘拐される事件が発生しました。
政府からの詳細情報の発表が無い事と、
不確定情報が行き交っている事から、
当事件に関する具体的な事は書けませんが、
何よりも誘拐された方々の安否が気遣われます。

イエメンは昔ながらの部族社会(支配)の影響により、
政府の力の及ばない地域が多数あります。
未だに部族・政府間における抗争が絶えません。
そのため外務省は危険地域の色分けをきちんと明示しています。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info2.asp?num=2008T029&filename=2008T029_1.gif
当該のマーリブは以前から外務省が
警告を発している地域でした。直近で発生した具体的な事件としては、

2007年07月 スペイン人旅行者ら17人が死傷
2008年01月 ベルギー人旅行者ら6人が死傷

があります。
我々、青年海外協力隊員も業務・非業務に関わらず
このマーリブには上記事件以前から渡航することが
出来ない地域の一つになっています。
にもかかわらず、マーリブへ訪れることは疑問を感じざるを得ません。

一昔(10年程)前は部族が外国人を誘拐・人質として、
政府に対する交渉材料に使う事が頻発していました。
人質はあくまでも政府に対する『交渉材料』のため、
外国人に対する恨みや身代金目的ではありません。
そのため、人質に危害が加えられるどころか、
かなり手厚くもてなされるとの事です。

これは、イエメン人気質から来ています。
誇り高きイエメン人にとって『恥』は最大の屈辱です。
客のもてなしが悪いことは『恥』になるため、
賓客である人質に対しては最大限のもてなしをするようです。
部族による誘拐のほとんどは数週間以内に解放される
ケースがほとんどのようですが、
今回の事件が上記に該当するか否かは不明です。
そもそも犯行が部族ではなく、アルカイダ系ならば、
人質に対する対応は上記と真逆になることでしょう。

---------
今回の誘拐事件から、
明らかに治安状態が良くないところには
行くべきではないということを再認識した次第です。
根本的な基本的な事ですが。

我々は、2004年にイラクで香田証生氏が殺害された事件を
絶対に忘れてはいけないし、
彼が命と引き換えに教えてくれた事を
常に意識しなければいけないと思っています。
言語や宗教が異なる国に渡航するならばなお更のこと。

旅行に慣れた、外国生活に慣れた過信から生まれる、
『自分だけは大丈夫』は何の根拠も無い。
事件によって、政府関係機関を巻き込んでしまう事はもちろん、
友人・知人なにより家族の心労を察すると
安易な気持ちで危険地域に足を踏み入れるべきではないと思います。


※一部文章については、
佐藤寛 著『イエメンものづくし-モノを通してみる文化と社会』
を参考にさせて頂きました。


【追記】人質無事解放とのこと、本当に良かったです。

| イエメン文化 | 15:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

To.あやんださん

>楽しくすごしてなんぼの生活なのに、事件にまきこまれたりしたら
>笑うことも難しくなりますもんね。
本当ですよね。
楽しく活動していくためにも、危険か否かの線引きは
きちんと見分けないといけないと痛感しました。
特に南アは首都を中心として危険地帯が多いとの事。
あやんださんも気をつけて生活して下さいね・・・。

| KENic | 2008/05/11 16:01 | URL | ≫ EDIT

健康無事が一番。

激しく同調。
日本ってまた安全すぎる国だから、はじめはすごく緊張してても事件にあわなければ「あ、大丈夫か」ってなってしまう。
あるいは「自分は大丈夫」って思い込んでしまっているケース。

私もあらためて気をつけなきゃって思いました。
楽しくすごしてなんぼの生活なのに、事件にまきこまれたりしたら笑うことも難しくなりますもんね。
けいんさんも、無事に、毎日笑顔ですごしてください。

| あやんだ | 2008/05/08 23:02 | URL | ≫ EDIT

To.バーセム

コメントありがとう!
イエメンはもっとすばらしいところが沢山あるんだけど。
そういうところは、自分のBlogを通じて広報できたらと・・・
と思っています。

とにかく、お互い危ない匂いを感じたら近づかないようにしよう!
無事に元気で帰ることを第一に。

| KENic | 2008/05/08 21:59 | URL | ≫ EDIT

昨日、ヤフーニュースで見たときは驚いたけど、ケンケンのブログを見て安堵したよ。

人質の人も無事なら何より。

イエメンのモカコーヒーの旨さがあればマイナスイメージなんてならへんと思うよ!

お互い用心は怠らずガンバろ!

| バーセム | 2008/05/08 19:14 | URL | ≫ EDIT

To.まじまじ男さん

コメントありがとうございました。
アデン沖のタンカー襲撃事件と今回のマーリブの誘拐事件で
すっかりイエメンはマイナスイメージになってしまいましたね。
残念です。

現地にいる人間は安全情報が行き交っているので、
危ない地域・安全な地域の色分けが出来ているとの認識です。
旅行者の方は安全情報が入手しずらいということと、
安全情報を軽視しがちなところがあるのかもしれません。
せっかくの休暇、遠くの国にきたのだからと・・・。

しかし、最近は首都サナアでも
外国人をターゲットにした爆発事件が頻発しているので
本当に気をつけて生活をしていかなければいけないと思っています。

ご心配、ありがとうございました。

| KENic | 2008/05/08 15:54 | URL | ≫ EDIT

 本当にそうですね。とにかくケインさんが無事で
 なによりです。
 今さっきラーメン屋のニュースで初めてしりました!
 そして朝刊見たら、ばっちり載ってました。。
 本当におっしゃるとおりで、平和病ですよね。
 場所は、サヌアからあんまり離れていない所なんですね。
 本当に気をつけてくださいねv-16


| まじまじ男 | 2008/05/08 12:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/60-7ded8eae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。