My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

週末日帰り旅行

先週末、サナア近郊にある
『ワーディー・ダハル』へ行って来ました。
ここはサナアから車で1時間弱で着くので
イエメン人にとってもお手軽な観光地の一つになっています。
また、ここはイエメンのグランドキャニオン
とも言われているところで、とてもキレイな景色が広がります。
CIMG4977.jpgCIMG4975.jpg
CIMG4982.jpgCIMG4989.jpg


金曜日(イスラムカレンダーの休日)だったので、
多くのイエメン人家族がピクニックに訪れていました。
あるイエメン家族の幼い女の子が、ヘンナ(※1)をしていたので
見せてもらおうと何度もお願いしたのに、
恥ずかしがって全然見せてくれませんでした。
お父さんが無理矢理、見せろ見せろと言ってくれましたが、
すごく恥ずかしがり屋さんだったので見せてくれず。
結局、代わりに妹が(恥ずかしながら)見せてくれました。
とてもかわいい女の子でした。
※1・・・植物性の染料を使って、
    肘から手の甲へかけてキレイな模様を描く。
    女性のお洒落の一つ。
CIMG4992.jpgCIMG4990.jpg


また、結婚式の定番ジャンビーヤダンス(※2)を
見ることもできました。下記写真の左側に
金色の刀を左の肩に担ぎ、頭に花を乗せている人が新郎。
※2・・・主に結婚式に踊られるダンス。
    太鼓のリズムに合わせて短剣(ジャンビーヤ)を振りかざす。
    近年、若い男性はあまりジャンビーヤダンスをする人が
    いないので、専らおじさん、おじいちゃんが踊っている。
CIMG4966.jpgCIMG4967.jpg


その後『ロックパレス』へ行きました。
ここは1918年イエメン王国(ムタワッキル王国)
が誕生したときの王、イマーム・ヤヒヤの別荘の一つです。
岩の上に作られた家を見ると、
王の権力・建設に伴う労力の大きさを感じることが出来ます。
CIMG5000.jpgCIMG5006.jpg
CIMG5016.jpgCIMG5019.jpgCIMG5018.jpg

内部は観光用としてきれいに改修されています。
塗装や補強が施されているのため、
当時の匂いをあまり感じることが出来なかったのが残念ですが、
上から眺める景色は絶景でした。
ちなみに入場料は約300円です。

| イエメン文化 | 06:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

To.ホリー
コメントありがとう!

>これだけ広い世界で活躍している・・・
いやいや・・・イエメンだけだよ。
その他の国は、わかりません!!
イエメンもまだまだ知らないことだらけ。

>ちっぽけな会社で悩んでいる自分の小ささがよく分かります。。。
自分も帰ったら職探し。かなりあせっています。。
日本の会社でキャリアを積むことは絶対に間違って無い!
って退職した自分は思う。

| KENic | 2008/05/08 07:11 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです!

いやぁ・・・・なんと言いますか、、、、
以前にも増してたくましくなっちゃいましたね(笑)
これだけ広い世界で活躍している先輩を見ていると、
ちっぽけな会社で悩んでいる自分の小ささがよく分かります。。。
お体には気をつけて活動を続けて下さい(・∀・)ノ

| ホリー(・∀・) | 2008/05/05 22:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/59-1498e37e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。