My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近のいろいろ

最近のいろいろを下記に・・・


■■■イライラすることが多い
最近、精神病かと思うくらいイライラすることが多いです。
日本ではこんなにイライラすることなんてなかったのに・・・。
そのイライラが頂点に達して大声を出したことが何回もありました。

よくよく分析して見ると、
イエメン人の『自分が正しい』『謝らない』『非を認めない』
ことが発端となって自分のイライラが発生していることが分かりました。
その態度をされるとどうしても
『正しくないと認識させる』『謝らせる』『非を認めさせる』
ことに執着している自分がいました。
とにもかくにも、自分の間違いを認識することが第一歩だと考えていたので。

かなり前にイエメン人から貰った
日本語で書かれたイスラム教についての冊子、
『イスラームの理解』でたまたま次の文章を見つけました。
『・・・ムスリム(イスラム教徒)は屈辱と卑下と征服の元に生きる
 ことができないということを発見するであろう。
 ムスリムは究極に於いては必ず勝つだろうし、
 地上のいかなる力も彼を圧迫したり、
 征服したりすることはできないのである・・・』

今までの彼らの態度はイエメン人気質からきているものだと思ってましたが、
実はそれはイスラムから来ている事だとその文章から分かりました。
なので、外見的に『自分が正しい』『謝らない』『非を認めない』
の姿勢でも内面的には自分自身の矛盾に気づいているかもしれない。
それを外面的に表現することはイスラム的気質から難しいのでは。
と考えるようになりました。
私が何度も何度も彼らの矛盾を突いて
『正しくないと認識させる』『謝らせる』『非を認めさせる』
に執着すると相手にとってはいくらそれが正しいものだとしても
受け入れがたいものになってしまうのではと思うようになりました。
(ちょっと悔しいですが・・・。)

イエメン(イスラム国)で仕事・生活をする上で
もっともっとイスラムを勉強せねばと痛感してます。
イスラムを知ることは、
自身のボランティア活動がより円滑になると信じて。


■■■サーバー購入延期
イエメンで隊員活動をスタートしたときからの課題だった、
『サーバー構築』のタスクが延期に・・・。
組織長と同僚エンジニアとのミーティングの結果、
サーバー購入を延期したことを聞く。
そのとき言われたのが、『組織長の意思により延期になった』でした。

散々、今までサーバー構築へ向けて作業をしてきた
自分は何だったんだろうと幾度と無く思ったのでしたが、
『組織長の判断なので』と自分で自分をなだめていました。

しかし今日、
他のスタッフから、組織長がサーバー購入延期を決意したまでの
経緯を耳にしました。なんでも、同僚のエンジニア達が組織長に対して、
 ・人手がない
 ・知識がない
 ・サーバールームがない
 ・何より必要性がない
と言ったとの事。

上記の不安材料についての対策は、
PowerPointを作って散々説いて同意を得ていたのに。
なんで同僚エンジニアは頑なまでにサーバー構築を拒否するのだろうか・・・。
これまで彼らは理解してくれていたと信じていたのに。
裏切られた感でいっぱいでした。


■■■語学学校へ行く
正確には今週から語学学校へ行く予定です。
先月のJICA主催アラビア語研修で痛感したことは、
アラビア語がまだまだだということ。
職場、街中でのイエメン人との会話で痛感したことは、
アラビア語がまだまだだということ。

というわけで、今週からアラビア語の語学学校へ行くことを決意しました。
しかし、費用が高い。
はじめは40時間で$500の提示をされたが高くて払えず、
半分の20時間の授業で$250で契約することに。
ちなみに$250はJICAから支給される月の生活の半分以上になります。
毎月$250が消えてしまうのでは生活できないので、
2ヶ月で20時間を学習することにしました。
それにしても月$125の出費は痛いものです。
本当に頑張って勉強して自分のモノにしていかないと・・・。

参考までにその語学学校の費用。
【授業料】
  個人レッスン
    ⇒40時間 $500
  2人または3人レッスン
    ⇒40時間 $350
  4人から6人レッスン
    ⇒40時間 $250
【語学学校付設住居費】
  シングルルーム
    ⇒1ヶ月 $160
  ダブルルーム
    ⇒1ヶ月 $250
※ただし、食事は自炊

CIMG9433.jpg
【写真】・・・(本文と全然関係ないですが)田舎の子供と。

| 協力隊活動 | 20:32 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/07/14 11:07 | | ≫ EDIT

下記コメント頂いた方へ

連絡先が分からなかったので、
下記にて回答させて頂きます。ご了承下さい。

>実は8月末からイエメンに旅行へ行こうと思っています。
今年は9月頭からラマダンが始まります。
ラマダンになると日中(~日没の礼拝)は多くの商店・レストランが
閉まりますのでご注意下さい。
また、トラブルを避けるためにもラマダンの日中はできるだけ
イスラム教徒の前での飲食喫煙を避けた方が良いでしょう。
特にラマダン上旬(9月上旬)はまだ断食に体が慣れていない人が多い
(空腹が苦痛になっている人が多い)ため交通機関では注意が必要です。
怪しいと思ったらすぐに降りることをお勧めします。
詳しくはhttp://kenic.blog82.fc2.com/blog-entry-33.html
をご参照ください。

>情勢が不安であるようですね。
サナア、ハジャラ、ホディダ、タイズ
であれば問題無く観光できると思います。
上記都市はここ最近情勢が安定しています。
(ただし、危険地域は相変わらず情勢が不安定です)

>やっぱりスカーフかぶった方がいいのかなぁ。
個人的には『なおよい』ではなく『必須』との認識です。
モロッコ・チュニジア・シリア・ヨルダン
とイエメンは同じイスラム国ですが異なります。
上記の国はヨーロッパが近い分、
人と文化がヨーロッパから流れ込んでいますが、
イエメンは別になります。
スカーフも黒いマントもしていない女性を
女性として扱わないことが多々見受けられます。
(最低限スカーフと肌を露出しない服は必須)
最低限の格好をしていないとドライバーやその他の人から
性的な嫌がられを受けることは間違いないでしょう。
彼らからすれば、そういう格好をしていない女性は
そういう行為をしても良いと解釈しているのです。

>さらにお酒はシェラトンでしか飲めない
街中にお酒は全く流通していません。
一部あるところにはありますが高いです。
シェラトンではグラスワイン一杯 $10
某外国料理屋では缶ビール350ml $5
お酒は諦めた方が良いでしょう。

| KENic | 2008/07/13 20:57 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/07/13 01:10 | | ≫ EDIT

かっちゃん

お久しぶりです!
進路については色々な方から伺ってましたよ。

個人的にはかっちゃんの社会人生活が心配です。
なんたって、あのイエメン生活の後なので・・・。
しばらくはリハビリ期間と考えて慣らして下さい。
それに、少し頑張ればGWも待っているし!

隊員はこれから徐々に増えていく予定ですが、
石油価格上昇後、治安が悪化して隊員撤退!
って事にならないように祈るばかりです。

Blog、また来てくださいね!

| KENic | 2008/04/09 20:13 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです。元気にしてはるようで何よりです。宗教に、イエメン人気質に、ほんと気持ちわかります!!!自分は、昨日から養護学校で仕事をし始めました。ここでの経験も自分を大きくさせてくれそうです。新隊員増えてよかったですねぇ。自分の時は一年以上来なかったですから(笑)

| かっちゃん | 2008/04/09 19:28 | URL | ≫ EDIT

匿名さん

今、イエメンは情勢がちょっと不安になりつつあります。
日本では詳細情報は出回っていないと思いますが、
こちらでは安全情報が色々と飛び交っています。
例えば、
■アメリカ大使館を標的にした迫撃砲弾発射
 (大使館では無く近くの学校に着弾)
■米国人が住む住居に対する迫撃砲弾発射
 (死傷者なし)
■南部におけるデモ隊と治安部隊との衝突
 (南北格差や退役軍人の処遇を巡ってデモが頻発。
 死傷者も発生)
■物価上昇に伴うデモの頻発
 (2年前に石油価格が上昇した際は大規模なデモに
 発展したとの事。近い将来再度石油価格が上昇する見通のため、
 その際はまた大きなデモが起きるのではないかと。)

おそらく、一昔前は外国人を誘拐して政府と交渉する
ことがスタイルだったと思いますが、
現在では直接しかも場合によっては武器を使用しての
対政府行動が多く見受けられます。
非常に怖いです。
任期中に大きな混乱無く、無事に帰れる事を祈るばかりです。


PS.アデンの中華屋はまだ健在です。
(自分はまだ食して無いですが・・・)
なんでも、南北の内戦の時に撤退しなかった事で有名だそうです。

| KENic | 2008/04/09 06:26 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/04/08 22:23 | | ≫ EDIT

ikemenさん

コメントありがとうございます。
15年前と比べると全く違う状況だと思います。
最貧国のイエメンですが、
今は本当にモノが溢れています。
首都にいる限りはなんら不自由を感じません。
これからも、在住者の目線で色々な物事を
書いていきたいと思います。
15年前と比べて違う点、同じ点
ございましたら是非書き込みをお願い致します。

PS.サルタは今でも庶民の人気食です。

| KENic | 2008/04/08 19:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/55-00e8ffd2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。