My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとした小旅行(バハレイヤ)

ルクソールの次に訪れたのは、
カイロから340kmに位置する砂漠の町バハレイヤオアシスです。
(カイロからバスで約5時間)

バハレイヤは
お洒落なカフェも無いですし、
お洒落なレストランもありません。
町並みも素朴な田舎町です。
『オアシス』だけあって砂漠に囲まれています。

バハレイヤについて・バハレイヤで感じたこと
を下記に・・・

■音の無い空間を体感できる
砂漠では音がありません。
車のエンジンを切って、
焚き火を消すと音が全くなくなります。
音が全く無いと耳が痛くなります。
ちょっと不思議な感覚です。
(慣れれば大丈夫ですが)

■寒い
冬の砂漠の夜はかなり寒いです。
日中との温度の高低差が非常に高いです。
砂漠ツアーは冬を避けて行かれることをオススメします。
(暑い時期の夜の砂漠は快適とのこと)

■黒砂漠と白砂漠
バハレイヤの見所。
黒砂漠は玄武岩が地表に露出しているため
黒い砂漠のように見えます。
白砂漠は石灰岩が地表に流出しているため
白い砂漠のように見えます。
特に、長い年月をかけて風と砂によって
削り取られた石灰岩があたり一面に広がっている白砂漠は
とても幻想的な光景です。

■星がきれい
砂漠で見上げる星はとてもキレイ。
地平線まで光があるモノは一切ないですし、
空気も澄んでいるので星がキレイに見えます。
しかし、
月が出ているときは星があまり見えません。
運悪く、私が行ったときは見事に満月だったので
星も少なかったです。

■砂漠ツアー
バハレイヤの観光の目玉、砂漠ツアーは
現地エジプト人によるツアーが種々あります。
典型的なコースとしては、
・夕刻、バハレイヤを出発
・砂漠をドライブ
・砂漠に沈むキレイな夕日を眺める
・焚き火を囲んでの夕食
・砂漠で一夜
・焚き火を囲んでの朝食
・砂漠をドライブ
です。相場は車一台約12000円からです。

■野性的
時期、場所によっては、
野生の狐が餌目当てで寄ってくるとの事。
(私は遭遇しませんでした)
また、トイレも野性的にそこらで用をたします。


--------------------
イエメンもバハレイヤと同様に、
非日常を体験できる場所は沢山あります。
ただ、観光としてあまり整備されていなく、
外国人観光客だけで現地に行くまでが大変。。
エジプトのように各種ツアーを利用して
観光している外国人を見ると、
イエメンより進んでいるな・・・と感じます。

イエメンでは、陸路での移動の際、
(異なる行政区域をまたぐ際)
観光客はツアリストポリスから許可証を
発行してもらわなければなりません。
また、バス会社のチケット購入窓口では
アラビア語オンリーのイエメン人から購入します。
一人で何もかもやるとなるとちょっと大変です。
そのため、最近は英語が喋れるスタッフが常駐している
旅行代理店にて種々の煩雑な手続きを代行してもらう
旅行者も多いようです。

イエメンでは日本人観光客を見かけることが多々ありますが、
そのほとんどは個人旅行者です。
ツアコンを引き連れての観光客は少ないです。
(ツアコンを引き連れての中国人観光客は
何度か見たことがありますが)

よって、イエメンにおいて、
日本人団体旅行者をターゲットとした
非日常を体験できる観光ビジネスを
展開する余地は十分にあると思います。

ちょっと話がそれましたが、
個人的には、カイロのゴミゴミした
喧騒よりもバハレイヤの静寂の方が好きです。
非日常を求める方は
バハレイヤはとてもオススメの場所だと思います。
CIMG4070.jpgCIMG4204.jpgCIMG4141.jpg

【写真1】・・・白砂漠
【写真2】・・・黒砂漠
【写真3】・・・砂漠とラクダ

| エジプト | 16:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

To.みなっちさん

コメントありがとうございます。
本当に、エジプト隊員が羨ましいです。。
イエメンもキレイな場所あるのですが、
ここ首都サナアは、車や人でゴミゴミ。
特に、車はオンボロ車が煙をモコモコで・・・。
でも、中国も遠出すればキレイなところ
あるみたいですね。
是非、今度中国のキレイなところ旅行して
Blogにアップして下さい☆
中国のキレイな写真みたいです!!

PS.あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

| KENic | 2008/01/14 16:02 | URL | ≫ EDIT

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
私の任地中国では青空が見れる日が限られてます。郊外にある煙突からモコモコと煙が舞い上がっているのを常々みることができます(悲)。
同じ地球でも、まだまだ沢山きれいなところがあるんですね~。うらやましい。
澄み切った空気思いっきり吸いたいな。
地平線までも何もなく、自然の光だけの夜空。素敵なんだろうね♪

| みなっち | 2008/01/13 18:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/45-3a2bc2e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。