My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本では馴染みの無かったもの

イエメンに行って初め出会ったもの。
日本では馴染みのなかったものを紹介します。
(他国で当たり前なのかもしれませんが)


■■■ ドアの鍵

イエメンの多くの扉は複数回鍵を回すことで鍵を掛けます。
2年前、イエメンに到着してすぐに行ったホテルでそれを知らずに
なかなか鍵を開けられずに苦労したことを今でも覚えています。

CIMG8368.jpg
写真の矢印の方向に鍵を回すと徐々に鍵が出てきます。
CIMG8369.jpg
1回鍵を回した状態。

CIMG8371.jpg
2回鍵を回した状態。

1回の状態でもロックされてます。2回の方が防犯効果が高いのでしょうか…。
ドアによっては何回も鍵を回すことで徐々に掛かっていくものもあります。


■■■ 湯沸かし器

イエメンの湯沸かし器は日本のそれと少し異なります。
天井付近に取り付けられた機器が電気によって熱湯を作ります。
CIMG8373.jpg

日本の場合、事故防止のため一定温度以上の熱湯は出ないように設計されて
いる機器もありますが、イエメンの湯沸かし器はそのような機能はありません。
そのため、熱さを最大にして使用すると80度以上の熱湯が勢い良く出てきます。
適度なお湯を使用したいとは、熱湯と水を同時に出して自分で調整するのです。

この機器はお湯を貯めるのにある程度の時間が必要となります。後に使う人
のことを考えて、使いすぎてはいけません。また、お湯の量が限られている
ので湯船にお湯を貯めることも難しいです。

湯沸かし器にはそれぞれ目盛りが付いており、残湯量が把握できます。
CIMG8374.jpg

| イエメン文化 | 14:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/115-6a7297c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。