My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

貧富の差

今回のBlogは、イエメン人友人から送られてきたメールに
添付された写真を抜粋、編集したものです。

Poverty01.jpg
Poverty02.jpg
上記は、特にアフリカ地域における貧困の写真です。
右の写真は1994年『ハゲワシと少女』という写真でピューリッツア賞
を受賞したものです。ハゲワシが少女の死を待っている写真です。

Poverty13.jpg
Poverty14.jpg
Poverty05.jpg
Poverty06.jpg
Poverty07.jpg
Poverty08.jpg
上記の写真について友人からの解説はありませんでしたが、
湾岸国のどこかであることは想像できるでしょう。大量の果物・料理に
囲まれるアラブ人。料理に関しては食べ切れなかったのか最終的には
廃棄されたようです。

以前、知り合いのイエメン人男性からアラブ文化について伺うことが
出来ました。アラブ文化では食べきれない程の多くの料理を用意する
ことが客への敬意となり、他方、料理を残すことが主人への敬意となる
ようです。食べきれてしまう量の料理を用意することは、客を御もてなし
することが出来なかったと捉えるのです。

しかし、上記の写真はそれとは違った意味を持つのではないでしょうか。
食べきれない程の多くの料理を用意することが自分の富を誇示する・・・。
個人的にはそのように感じました。

知り合いのイエメン人男性はさらに付け加えて教えてくれました。
『料理を残すことは本来のイスラームの姿ではない。イスラームでは
貧しい人の気持ち、調理してくれた人への感謝から、残さずきれい
に食べなければいけない』と。

| イスラム(教) | 07:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

To.TLVさん

コメントありがとうございます。
以前は『そんなテルアビブ』さんでしたのでわかりませんでした…。
失礼しました。

>イランの状況はそちらではどう見られているのかなっと
現在は既にイエメンでの協力隊活動を終え日本に滞在しています。
そのため、イエメンにおけるイランの状況は残念ながら分かりません。
しかし、以前イエメン人と話をしていた中で『イランはシーア派なので
彼らと我々は違う』と言っていたのをはっきりと記憶しています。
それはイエメン人全体の意見ではありませんが、すくなからずそう
考えている人もいるということは対岸の火事扱いなのかもしれません。
(あくまで個人的な推測です)

>アラブ諸国でもある程度の民主化が進んでくれることによって
(イエメンだけを切り取ってみると)アラブ特有の複雑な部族社会は
独裁政治だからこそ、その複雑性を取り扱うことができていると思います。
しかしイエメン人の多くはその独裁政治にストレスが溜まっているのが
現状です。

| KENic | 2009/07/03 01:30 | URL | ≫ EDIT

砂糖と金

私以前、ガザ軍事行動の時にコメントを入れさせてもらいました、もしかしましたらニックネームが違ったかもしれません。

その昔、シルクロードを通って金と砂糖が流通していた、そうして、砂糖は金より高価なものだった。中東っていまだに甘いお菓子がたくさんでしょ?きっとイエメンもそうだと思います。衣食住、また言葉、宗教などからその国の国民性もわかるし、その反対も言えると思います。

肉ばかり食べている人は攻撃的な性格になると、周りのイスラエル人を見て感じます^^

イランの状況はそちらではどう見られているのかなっと、宗教と国家の分離って難しいと思います、イスラエルだってデモクラシーな国ですけど、それでもやっぱり宗教党がありますし、結婚だってユダヤ人同士以外はイスラエルで結婚が出来ませんから。それでも、やっぱりイスラエルと近隣諸国の関係を考えるとアラブ諸国でもある程度の民主化が進んでくれることによって、「大人の(表向き)の平和」が中東にやってくるのではないかと・・・個人的には思っています。

ただでさえ、ユダヤ人嫌われ者ですから^^、一歩間違えたらイラン(核問題で)イスラエル戦争起こっても不思議ではないですからね。そこでまたイスラエルバッシングももう聞きたくないですもん。そうして人の命がまた戦争によって亡くなるのも見たくないですよね。

| TLV | 2009/06/29 12:45 | URL | ≫ EDIT

To.TLVさん

イスラエルもやはり同じような文化なのですね。興味深いです。
イエメンにいたときから常々思っていたのですが、実際の自分
の目でイスラエルを見てみたいです。良い面も悪い面も含めて
中立的な立場で。

残念ながら、多くのイエメン人はイスラエルだからとの理由で排斥
します。そしてテレビ・ラジオ・インターネットではイスラエルが
悪となる題材しか扱わないのです。

| KENic | 2009/06/27 11:50 | URL | ≫ EDIT

こんいちわ、イスラエルからです。
イスラエルでも食に対しては同じような感覚があると思います。食べきれないくらい盛りますし、普通に残します。きっとこれは宗教と言うより、中東の文化かもしれないと思います。

また、まさしくそれは富の象徴なのだと私も思いますよ。俗にインドでは太っているのが富の印ということ同じように。しかし、イスラエルでもここまで凄い料理は宮廷もないですし、王様もいませんから見たことないです。

私たちとは文化的な背景が違うのでしかたないのかもしれません、またアングロサクソンの食の歴史もみると面白いかもしれません。

| TLV | 2009/06/27 04:48 | URL | ≫ EDIT

To.naogonさん

人が宗教を変えてしまったのか、
宗教が人についていけなくなったのか、

宗教とはそもそも何なのか。

本来ならば宗教は文明に影響を受けないのでは?
宗教は外的なものではく内的なものだから。

しかし実際、本来と離れている部分が散見されるのも事実。
同じ教徒でも、あの人は敬虔ではないからと他人事として
一蹴することが多すぎるのは悲しい。

| KENic | 2009/06/19 22:49 | URL | ≫ EDIT

世の中...歪んでしまってる
どうしてこなってしまうのでしょう?
どの宗教も本来のと離れてしまうのもなぜでしょう?
人間って...。

| naogon | 2009/06/19 17:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/114-f56bbc85

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。