My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

技術補完研修、無事終了

PC隊員(PCインストラクター・コンピュータ技術)対象の
技術補完研修が終了しました。
研修の内容は下記URLを参照して下さい。
http://kenic.web.fc2.com/complement.html

個人的にはすっっごく楽しい12日間でした。
毎日楽しかった高校時代を思い出しました。

参加メンバーは年齢もバラバラ(20代前半~40代前半)、
職種もバラバラ(SE、営業職、教師、社長)。
でも、みんな協力隊でがんばるというベクトルは同じ。
志が同じ。不安が同じ。
話が合わないわけがない!
ということであっという間にみんな仲良くなりました。


下記からはちょっと独り言。。。


■研修内容が人により異なることが疑問

今回の研修は人によって研修内容が異なっていました。
これはちょっと疑問でした。
全員同じ研修を受けるべきだと思っています。

業務にて扱ったことある領域だから
研修対象外になったのかもしれない。
要請内容に関係ないから
研修対象外になったのかもしれない。

でも

まず前者。
既得知識領域でも改めて講義を受けることは知識の確認になるし、
不明点・曖昧点が明瞭になると思う。
書類・面接だけでその人の知識レベルを把握するのは難しいのでは。
そう考えると、
業務経験がある領域でも研修するべきではないかと。

つぎに後者。
自分が任地へ行ったら、コンピュータの達人が来た!
というリアクションだと思ってます。
なので、要請内容以外のことを聞かれるのは往々にしてある事と思います。
(実際、先輩隊員はそのように言ってますし。)
そう考えると、
要請内容外の領域も研修するべきではないかと。


■任地で活動がちょっと不安になった

日本ならば、ブロードバンド回線を用いて容易に情報が入手できる。
専門書籍は豊富にある(もちろん日本語)。
技術に明るい友人とすぐにコンタクトがとれる。
つまり日本ならちょっと位わからなくても何とかなるかなと。

さて、イエメンはどうかというと、
上記の贅沢な環境は間違いなく無いです。
SE暦そこそこの人間がどこまでできるのだろうか。
今回の研修にて自分のインフラ周りに対する
知識の弱さを再認識した次第です。

でも、自分はコンピュータの技術移転という題目で参加するため
簡単に『わかりません』やら
『それは当初の要請内容に無いので』
というスタンスは絶対ヤダ。
・・・観光で行くわけではないので。


でもその前にアラビア語使えなきゃ、
コミュニケーションすらとれないだろ!
ってところなのですが。。

| 協力隊活動 | 03:31 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/06/27 13:02 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenic.blog82.fc2.com/tb.php/11-94fa4509

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。