My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サナアのガス屋

サナアはイエメンの首都ですが、日本のようにガス管が各家庭に行き渡って
いる訳では有りません。そのため家庭・店舗ではプロパンガスを用います。
特に飲食店では常時数本をストックしています。
CIMG8502.jpg

ガスを買い換えるのは、男の仕事。ガスボンベの重量は結構あるので
車を持っているお金持ちは車で運びます。子供のお使いのほとんどは
蹴って転がしながら運びます。

イエメン人のガスボンベの取り扱いは非常に雑。投げる、蹴るは当たり前。
漏れたガスに引火したら…ということは考えないようです。
CIMG8504.jpg
CIMG8434.jpg
【写真左】・・・形状が変わってしまっているガスボンベ
【写真右】・・・蹴りながらガスを運ぶ子供

近くにガス屋があれば転がしながらでも購入することができるのですが、
近くにガス屋が無い場合は、焼き芋屋のように街を回っている『交換屋』
に交換を依頼します。彼らはガス交換用のスパナをガスボンベに打ちつけ、
カンカンと音を出しながら街を歩いているのですぐにそれと分かります。
CIMG8430.jpg
CIMG8429.jpg
【写真左】・・・交換屋の台車
【写真右】・・・街を回るガス交換屋

基本的にガスボンベは交換制で、一本約280円です。
ボンベを持っていない人は初回にボンベ料金約2500円も払います。
交換屋に依頼すると設置料込みで一本約300円~500円です。
(価格は2009年5月現在)
CIMG8431.jpg
CIMG8433.jpg
【写真左】・・・ガス屋に搬入されるガス
【写真右】・・・拡大写真
スポンサーサイト

| イエメン文化 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。