My Experience In Yemen

青年海外協力隊 コンピュータ隊員の活動日記。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

My Experience In Yemen

当Blogに掲載した記事を下記に纏めます。

更新日付タイトル
2007/02/04当Blogの目的
2007/02/10イスラム関連の新聞記事について1
2007/02/11イスラム関連の新聞記事について2
2007/02/22Planned happenstance理論
2007/03/23技術補完研修、無事終了
2007/03/27送別会・壮行会ラッシュ
2007/04/29派遣前訓練開始
2007/06/10派遣前訓練無事終了
2007/06/15一般的な訓練の一日のスケジュール
2007/06/15とあるボランティア活動の日
2007/06/18協力隊の特典(派遣前バージョン)
2007/06/22誇りを胸にいざ行かん
2007/06/29生きてます
2007/07/04テロの影響について
2007/07/07宗教談義
2007/07/14イエメン写真アップ
2007/07/27イエメンの結婚パーティー
2007/08/04イエメンの匂い
2007/08/10イエメンのイロイロ1
2007/08/18ちょっとした小旅行
2007/08/24イエメンのイロイロ2
2007/08/31イエメンのイロイロ3
2007/09/08イエメン写真アップ
2007/09/15イエメンのイロイロ4
2007/09/22イエメン大統領選挙について
2007/09/29お祈りのタイミング
2007/10/13ラマダンについて
2007/10/20宗教について
2007/10/27自身の活動について
2007/11/03ちょっとした小旅行2
2007/11/10孤児に対するIT教育
2007/11/17自作HP更新
2007/12/01ウィルス駆除で一苦労
2007/12/08コンピュータSt
2007/12/15カートパーティー
2007/12/22シーシャ
2007/12/29ちょっとした小旅行(カイロ)
2008/01/05ちょっとした小旅行(ルクソール)
2008/01/12ちょっとした小旅行(バハレイヤ)
2008/01/19先週の仕事
2008/01/26イエメンでバスケ
2008/02/02イエメン人との協働
2008/02/16写真アップ
2008/02/23宗教について思うこと
2008/03/08マナハ旅行記
2008/03/15イエメンの就職事情
2008/03/22イエメン(サナア)でのジェスチャー
2008/03/31イエメンの祝日
2008/04/06最近のいろいろ
2008/04/12サナア軍事博物館へ
2008/04/19国立博物館へ
2008/04/26最近の仕事とお知らせ
2008/05/04週末日帰り旅行
2008/05/08イエメンでの日本人誘拐事件について
2008/05/17サナアの中国マッサージ屋事情
2008/05/23自国の常識は異国の非常識(イエメン隊員機関紙より)
2008/05/30ネットワーク講習会
2008/06/08水不足イエメン
2008/06/14イエメン人の名前
2008/06/28サナアの雨
2008/07/05イスラムにおける死後の世界について
2008/07/12競駝(けいだ)中継の放送
2008/07/19イエメンの食事1
2008/07/25イエメンの食事2
2008/08/11サナアサマーフェスティバル
2008/08/15JapanWeek
2008/09/03アフガニスタンで発生した悲しい事件について
2008/09/13只今、ラマダン中
2008/09/20KOICA(コイカ)PCから思うこと1
2008/09/26KOICA(コイカ)PCから思うこと2
2008/10/03サナアの風呂屋
2008/10/10サナアの運動公園
2008/10/19女性イスラム教徒の格好
2008/10/25PCメンテナンス講習会
2008/11/01修了証好きなイエメン人
2008/11/15イエメン(サナア)の『ヘンナ』事情
2008/11/22イエメンの首都、サナアの乗り物1
2008/11/28イエメンの首都、サナアの乗り物2
2008/12/05イエメンの首都、サナアの乗り物3
2008/12/11サナアのカマリーヤ
2008/12/25イエメン・スコトラ島
2009/01/02ガザ空爆について
2009/01/18イエメン・サナアにおけるガザの報道から
2009/01/30イエメンの大統領モスク
2009/02/07サナアの動物園1
2009/02/13サナアの動物園2
2009/02/23サナアは看板だらけ
2009/03/06サナアの違法ソフト屋
2009/03/13サナアの魚
2009/03/19イエメンで発生した自爆テロについて
2009/03/28イエメン(サナア)のトイレ
2009/04/04サナア旧市街地
2009/04/15古都ザビード
2009/04/20サナアのニワトリ屋
2009/04/25サナアの電気事情
2009/04/30サナアの肉屋
2009/05/07サナアの喫茶店
2009/05/13イエメンの貧困層の現状
2009/05/17フル屋さん
2009/05/21サナアの写真屋さん
2009/05/28ありがとうイエメン
2009/06/06アラビア語のWindows
2009/06/19貧富の差
2009/06/27日本では馴染みの無かったもの
2009/07/12サナアのガス屋
2009/08/28イエメン → シリア
スポンサーサイト

| 未分類 | 02:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

競駝(けいだ)中継の放送

今回はイエメンネタではなく、
イエメンのテレビで見た競駝です。
先日、語学学校のテレビ(アルジャジーラスポーツ)で初めて競駝を見ました。
語学学校の先生曰く、UAEで開催されたものだそうです。
ちなみに、競駝とは簡単にいうとラクダの競争のことです。

Wikipediaからの情報を併記して下記に。

>近年では騎手に代わり駱駝を操作するロボットジョッキーの導入も進んでいる。
下記の写真を良く見るとラクダの背中に装置が乗っているのが分かります。
これが『ロボットジョッキー』です。
しかし、映像を良く見ていたら鞭が空振りしていることが多々ありました。
精度はそこまで高くなくようです。
CIMG4956_2.jpg

>リモコンによる遠隔操作もできるようになっている。
下記の写真を良く見るとラクダと多くの車が併走しているのが分かります。
この車にはラクダのオーナー達が乗車しており、
ここぞの場面でリモートで『ロボットジョッキー』をオンにするようです。
鞭は単純に叩くだけで方向をコントロールする機能はないようです。
なぜなら、頑張って大回りしているラクダが多数いたので・・・。
CIMG4956_1.jpg


※テレビ映像⇒デジカメ動画⇒静止画のため画像が荒いです。ご容赦下さい。

| 未分類 | 07:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

誇りを胸にいざ行かん

仲間の隊員が続々と出国していく中、
私も今日、6/22に出国します。

経路は
羽田空港    ⇒ 関西国際空港
関空国際空港 ⇒ ドバイ(UAE)
ドバイ(UAE)   ⇒ サナア(イエメン)
になります。

訓練終了から派遣日までは怒涛の日々でした。
市・県に表敬訪問したり、
3泊4日で福岡行ったり、
荷物をパッキングしたり、
親戚宅へ行ったり、
壮行会に参加させてもらったり…。

どんだけみんなに支えられてきたか痛感しました。
みんな本当にありがとう。本当に感謝です。
CIMG2300.jpgCIMG2391.jpgCIMG2223.jpg


ちょっと2年ばかし会えなくなるだけ。
ただそれだけ。

| 未分類 | 00:29 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

送別会・壮行会ラッシュ

当Blogではあまり個人的ネタは書かないと
決めていたのですが、今回はごめんなさい。。


■先日本社へ行き退職手続き&挨拶周りをしました。
前所属チームの方々、お世話になった方々、そして同期。
今日まで多くの人にお世話になってやってこれたと痛感。
いつもみんなからパワーをもらっていた気がします。
ありがとうございました。

最後に上司からも人事からも
ねぎらいの言葉を頂けたことは本当に良かった。
人間関係や仕事の不満による退社ではないため
さびしい気持ちはかなりありました。
過去、あれほど『ありがとうございました』と言った日はありません。


■あと、最近は送別会・壮行会ラッシュです。
色々な人にエールをもらってすごく感謝しています。

色々な会があったけど(これからもあるけど。。)
すごく印象的だったのが、先輩宅にて開催した計4人の送別会。

みんなで食材を買いに行って、
パスタを作って、
モリモリ食べて、
チーズも食べて、
オリーブも食べて、
ガブガブ飲んで・・・。

お店みたいにザワザワうるさくないし、
周りを気にする必要ないし、
誰もタバコ吸わないし、
みんな年齢近いし、
気の合う仲間(先輩だけど。。。)同士だから、
話が盛り上がらない訳が無い!
つまらない訳が無い!!

涙が出る位すごく嬉しいエールをいっぱいもらえた。

吐くまで飲んでくれた先輩、本当にありがとうございます。
芋焼酎と癒しをくれた先輩、本当にありがとうございます。
沢山気を使ってくれた同輩、本当にありがとうございます。

みなさんの幸せを遠くイエメンから祝福する気満々です!!
2年後、元気に健康で帰ってきますのでまた色々とお話しましょう☆
CIMG1559.jpg

| 未分類 | 03:35 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Planned happenstance理論

協力隊と全く関係ないのですが、
先日、会社の研修ですごく良いお話がありました。
それが掲題の『Planned happenstance理論』です。

他の方のBlogにて要点をまとめて書かれていたので
以下にて借用させて頂きます。

--------------------------------------------------------------------------------
Planned happenstance theoryといい、
日本語に訳すと『計画された偶発性』理論
という堅い訳語がついているらしいです。
1999年カウンセリング学会に発表された考え方で、
スタンフォード大学のクランボルツ(Krumboltz)教授によると、
500人以上のビジネスパーソンのキャリアを分析した結果、
『キャリアの80%は、予期しない偶然の出来事によって形成される』
という結論が導き出されました。
じゃあ、『仕事で成功している人はただただ運がよかったのか?』
というとそういうわけじゃなくて、
例えば、努力の先に予期せぬ偶然の出会いがあったとかだそうです。
自らキャリアを切り開いていこうと思ったら、偶然を必然化し、
偶然を味方につけることが必要になり、
そのために、特定の行動・思考パターンが必要であり、
それは次の5つの特徴があるといいます。

■好奇心(Curiosity)
今、自分が持っている目標に直接必要であるかどうかに関わらず、
多種多様な事柄に広く好奇心を持つ。

■こだわり(Persistence)
自分の考えや価値観に、根底の部分ではこだわりを持ち続け、簡単にあきらめない。

■柔軟性(Flexibility)
環境がどのように変わっても対応し、今の具体的計画にとらわれず、
予想外のチャンスも活かすことができる。

■楽観性(Optimism)
どのような結果になろうとも、自分のキャリアにとって、
それなりに役立つ部分があったと、ポジティブにとらえることができる。

■リスクを取る(Risk Taking)
変化が激しく、先行きの見えない時代には、自らリスクを取ることができる。
受身でもリスクは向こうからやってくる。
--------------------------------------------------------------------------------

上記理論を耳にして、
似たような事を1年ほど前にも耳にしたことを思い出しました。
これは他社さん主催の研修でのお話。

アメリカの某大学の教授陣を日本にお迎えして、
最新のコンピューターテクノロジーを
泊り込みで勉強するという合宿に参加しました。

その最終日の懇親会でお気に入りだった先生に質問したのです。
『人生のヒントを教えて下さい。』と
すると先生は、
『多くラッキーを得ることだよ。』と
立て続けに先生は
『君はラッキーとは何だと思う。』と
聞かれたため
『突然起こるもの。』と
答えました。すると先生は
『違う!!!』と
『ラッキーとは努力で得られる。手繰り寄せるものだ!!
 毎日毎日努力して、専門をさらに極めろ。見聞を広げろ。
 そうすれば、聞いても右から左へ流れていた情報や、
 見てもなんとも感じなかった情報が
 自分にとって貴重な情報だと気づく。
 そしてそこから様々な可能性が生まれる。
 換言するならば
 努力をすることで多くのラッキーを得ることが出来るんだよ。』と


長期的なキャリアプランが立てられない自分。
また、一見すると一貫性の無い道を歩んでいる自分にとっては
すごく前向きになれるモノです。

協力隊、がんばろうと思えてきます。

| 未分類 | 02:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。